WACEな耳寄り話題! バックナンバー 

March 20, 2009


ホスト企業での面接について

J1visaの受入ホスト企業との面接では、どのような質問を受けるのか? どのような形式で行われるのか?との問い合わせメールが多く寄せられますので、ここに体験者のが受けた電話インタビューの模様を掲載します。参考にして下さい。

********

先方から電話をくださり、全部で10分間くらいの面接でした。面接官は日本人の男性一人と、国籍はわかりませんが女性一人でした。

まず日本人の男性と二人で日本語で話しました。
最初に何か質問はないかということでしたので、会社の雰囲気とオフィスの従業員数、日本人の割合をたずねました。(日系の会社だと日本人ばかりで、結局日 本にいるのと同じというケースもあると聞いたので) 会社の雰囲気はアメリカの会社に近く、従業員も多国籍であると聞いたので安心しました。

『English interview was started from here』
そのあと先方の電話をスピーカーフォンにし、女性の面接官も加わりました。

答えた内容を特に掘り下げて聞かれるようなことはなく、一問答え終わったら次の質問に移る、といったかんじでした。 質問の内容は、

・今の仕事について話してください

・どうしてアメリカの会社でのインターンシップを希望しているの
 ですか?

・前職について話してください

・どうしてこの会社でのインターンシップを希望しているのです
 か?

・インターンシップが終わった後はどうしようと考えていますか?

・何か質問はありますか?

以上だったと思います。

質問は全て男性の面接官の方からされましたが、数日前が私の誕生日だったため、最後に女性の面接官の方が「誕生日おめでとう!」と言ってくださいました。

質問は予想していたものと大体同じだったので、特に戸惑うことはありませんでしたが、顔が見えないこともあり、やはり緊張しました。 面接官の方がゆっくり、はっきり話してくれたので、こちらも同じペースで話すよう心がけることができました。

以上です。

* ***********

過去の記事一覧

2009年1月
2008年7月
2008年3月
2007年8月
2007年7月