WACEな耳寄り話題!

こちらのページでは今後インターンシップについての
New・Informationをインターンと企業へ定期的に
公開してまいります。
尚、それに対する、コメント・ご質問など
遠慮なく
pr@wacejapan.orgまでお寄せ下さい。


 新着情報 April 20, 2010


企業にとってもインターン側の考え方も理解でき、
これから続くプログラム参加の方々からも好評でしたので
『他の参加希望者』からのJ1visa_internship参加の動機&
考え方等のレポートを追加します。

http://blogs.yahoo.co.jp/j1visa_internship/59434261.html

#14
昨年カリフォルニアに留学し大変良い機会となりましたが、短期間であったため、語学力の習得や仕事のスキルを身に付けるという点においては目標が完全には達成できませんでした。アメリカで再び自己を成長させる機会を持ちたいと思い、参加を考えました。
また、アメリカで働いてみたいという思いは長年の夢でもありました。昨年のような充実した日々をアメリカで過ごしながら、自己のスキルアップが図れたら素晴らしいと思います。
 
#15
自分の今まで行ったことのある土地で、住んでみたい場所で働き語学力向上、いろんな国籍の人達の文化にふれて、さらにできる仕事の幅、英語でのコミュニケーションのとり方、いろんな場面での対応の仕方を学び今後に役立てたい。
 
#16
アメリカで自分を試してみたいです。昔から英語が好きだったので、英語を使ってクリエイティブな分野でインターンをしたいです。また、アメリカの文化ではどのようにして会社に貢献できるのかを学びたいです。

#17
以前からアメリカで生活してみたいと考えていました。今までそのチャンスがありませんでしたが、この年齢になり、最後のチャンスと思い、働いていた会社を辞め、語学留学とインターンシップへの参加を決めました。 最大の目的は今後の仕事へのスキルアップと選択肢が広げられることです。
年齢的に難しいことは承知していますが、是非お力をお借りしたく申し込みさせていただきました。
 
#18
国際的な視野で自身のスキルアップ・キャリアアップを目的に現地で働きたい。国際色のたいへん豊かな街サンディエゴでアメリカ文化を学びながら、将来的に有益な仕事をしていきたいため。
 
#19
大学在学中に経験したカリフォルニアでの交換留学を通して、文化も価値観も違う中で柔軟性や積極性を身につけるにつれて、将来はアメリカで実力を試してみたいと強く思うようになりました。今回社会人として海外で実際に仕事をすることで、留学やこれまでの社会経験で得た能力を更に高め、一社会人、国際人としてどのような環境や状況においても臨機応変に対応し、自らの意見を積極的に述べ、自分自身を常に向上させることのできる人間になりたいと思います。
また、今回の経験をステップとして、アメリカで自身のキャリアを追求し、日米間の架け橋となるような役割を担っていきたいと思い、参加を決意しました。
 
#20
現在の仕事である航空会社での仕事を長く続けたいと願いながら、毎日の仕事に取り組んできましたが、景気の影響を受け2009年3月に日本支社がなくなることになりました。職場環境にも慣れ、専門的な知識も先輩方に教えていただきながら身についてきた矢先の突然の解散でした。この仕事を楽しみ、また同時に、この業界でのキャリアを築くことを強く望むため、インターンシップ制度を利用させていただくこととなりました。
 
#21
出版社での著作権管理の仕事経験と、ITの営業経験を活かして、アメリカの現地日系企業での経験を増やしたいため。
特に、出版社での営業の経験に特化して、営業の経験を増やし、アメリカに滞在する多くの日系企業、学生、旅行者をサポートしていきたい。また、会社を運営していく中で、必要なものを吸収し今後のキャリアに活かしていきたいため。
 
#22
以前 J-1visaでのインターンシップ参加を考えていた事があり、J1visaインターンシップについてはよく理解していると思う上で、今回また計画を立てられる機会を得たので、ぜひ参加出来ればと思っております。また、アメリカでの留学を終え、貴重な体験が出来たので、更にアメリカでのお仕事の現場を経験して自分の将来に生かしたくインターンシップを希望しています。ニューヨークには知り合いがおり、もしインターンに参加出来た場合に住居の確保も出来ているので、ニューヨークに限定して申し込みをしたく思います。
 
#23
キャリアアップに必要なのは、実際に働きながら得られる「生きた英語」だと感じたからです。以前、語学学校にいましたが、英語を学ぶ人々のみで構成されており、そこで得られる英会話力に限界がありました。そののち、現在にわたりアメリカでインターンシップをしています。ネイティブとの生きた会話、そして働く感覚が身につけられるという様々な点から、インターンシップの良さを感じています。英語を今後の仕事に生かすには、違う環境でさらにインターンを行うことが必要だと考え、貴社のインターンシップに興味を持ちました。
 
#24
アメリカ企業で働きたいのですがスペシャルスキルがあるわけではないので、就労ビザが取得できないため、J1制度を利用してまず仕事を得たいと思います。そこで、仕事振りが認められるかもしれないという可能性があるのがJ1の魅力だと思い、参加しようと考えます。
 
#25
アメリカのFILM INDUSTRYに興味があり渡米しました。インターンでのプロダクション経験でMEDIAやENTERTAIMENT界への興味が増し、そして日本航空でのバイリンガルスピーカーとしての経験を通し、バイリンガルとしてのSKILLをいかせるポジション、日本以外の世界にいて常に自分をチャンレンジの場に置き成長できる場を求めています。
 
#26
大学在学中に多文化共生について学んだことから、グローバルなフィールドで働き、暮らしてみたいと思っていたこと、世界の経済や文化の発信の中心であるアメリカで働き、様々な人々や価値観に触れ、経験を積むことで自分を成長させられると考えたからです。今後ますますグローバル化が進む日本でも、文化の多様性を受け入れる企業、社会体制が必要となるのは明白で、それを実行する為にもグローバルな視点を持った人材が求められています。日本では見られないようなダイバーシティの中で働き、生活することによってコミュニケーション能力や交渉力を高め、日本で今後そのような力を発揮してキャリアアップをしたいと希望しています
 
#27
海外で異文化に触れ、刺激を受けながら、自身の英語能力の向上、コミュニケーションスキルの向上をすることが大目的です。一度日本において保険会社へ就職し、営業補佐、営業開拓、事務全般を経験しました。しかしながら、長年英語を使って生活をしたいという思いから、ワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、ローカルのコテージで働き、ホスピタリティを学びました。帰国後やはり英語環境で、切磋琢磨し、自身の成長スキルアップのために改めて本格的に海外へ挑戦したいと思い、今回確固たる決心を致しました。保険会社で培った営業力、事務スキル、また接客経験を生かし、保険業もしくは興味のある旅行分野においてグローバルな視野を身につけ 貢献できるよう常に向上心をもって前進していきたいと思っております。

 


過去の記事一覧

2010年2月
2009年12月
2009年10月
2009年8月
2009年5月
2009年3月
2009年1月
2008年7月
2008年3月
2007年8月
2007年7月