WACEな耳寄り話題!
こちらのページでは今後インターンシップについての
New・Informationをインターンと企業へ定期的に
公開してまいります。
尚、それに対する、コメント・ご質問など
遠慮なく
pr@wacejapan.orgまでお寄せ下さい。

 新着情報 Apr. 25, 2012


受入ホスト企業候補の担当者からの質問で『どのような方々がJ1visa参加されるのか?』との疑問があり、一部その回答をUpしました。 ベースはキャリアアップを目指している点がポイントでしょう。
下記の生の声が企業だけでなく、今後に続く方々に参考になれば幸いです。

質問?) J1visaインターンシップの参加理由は何ですか?

A-1) 大好きな海外、英語を身近に感じられる環境の中で、特に日本語、英語での対人コミュニケーション能力向上を目的とし、自分自身をさらに成長させたいと思ったから。

A-2) 一度アメリカを訪れたことがあり、日本では体験したことのないようなことが起きたり、何もかもが違ったりして、とても衝撃を受けました。そして、長期間アメリカに滞在して、社会にとけ込んで、もっとアメリカを見てみたいと思っていました。
アメリカの大学に通いたかったので、高校を卒業してからは地元から県外に引越して資金を貯めているのですが、「大学は別に今しかいけないわけじゃない」と思い、今ある資金の中で早くアクションを起こしたいと思い、あれこれ探した中でインターンに参加することを決めました。現地の生活の中で、職場で、また新しくできる友達との交流の中で、吸収できるものすべてを受け取って、もちろん仕事、英語力の面でもスキルアップして、強くたくましくなりたいと思います。

A-3) 私がこの度インターンシップに参加しようと思った目的はアメリカでの職務経験とその仕事の分野における知識を深めるためです。実際、私は日本では国際的な企業での職務経験がありますが、アメリカで仕事をするにあたり、当地での職務経験があることは非常に望ましいことですし、経歴としても非常に豊かにさせることが出来ると思っています。また、このインターンをすることで同じ仕事の分野でもこれまで携わってこなかったような様々な知識を得ることができると思いますし、これまでに持っている知識を更に深めることができると思っています。これらの職務経験を積むことや該当分野での知識を深める目的から、こちらのインターンに参加しようと思いました。

A-4) 以前、F-1ビザで4年間のアメリカに滞在しておりました。所属の語学学校でスチューデントアドバイザーとして働かせていただいた経験はございますが、OPTなどを受けずに帰国し、やはりアメリカでビジネスの経験をしたいと感じ、J-1インターンシップのプログラムに興味を持ちました。特に、派遣社員として関わった、マーケティングリサーチの経験とスキルをさらに深めることができるポジションでのお仕事を希望いたします。

A-5) 東京で10年以上仕事をしてきましたが、その間でたくさんのことを学び経験してきました。その経験を元に、今後は自分の能力を世界で試してみたいと思っています。新たな心境また新たな環境でゼロからの出発になるかもしれませんが、アメリカで学び働きたい、そして将来は世界を舞台にビジネスをしたいという目標があります。その一歩となればいいなと思っています。

A-6) 将来通訳として活躍したいと考えています。
今回通訳としてのスタートを切るために、本場でスタートを切りたいと思いました。
また、通訳には英語だけでなく背景知識も必要であり、日米両方のビジネス環境や習慣を知ることで、より良い通訳が提供できるようになるのではないか、と感じたからです。

A-7) 小学生の頃、父が4年ほどNYで仕事をしていたことや、学生時代も毎年旅行で訪れていたことから、NYで仕事をすることに非常に興味を持ってきました。卒業して3年間、営業と事務の経験を積み、ビジネス英語のスキルを磨くことや、海外での仕事の経験をつみたいという思いから、今回応募いたしました。

************************


過去の記事一覧

2012年2月
2011年12月
2011年10月
2011年7月
2011年3月
2010年12月
2010年10月
2010年8月
2010年7月
2010年4月
2010年2月
2009年12月
2009年10月
2009年8月
2009年5月
2009年3月
2009年1月
2008年7月
2008年3月
2007年8月
2007年7月